【DIY女子】125kgのモルタルを壁に塗ったら爽快だった

スポンサードリンク

こんにちは! けーぴー (@keikokpkp)です。

今は千葉県にいて、DIYのお手伝いをしています。

お手伝いをするきっかけとなったのは、

ベテランブロガー、カルロスさん(純日本人)のブログで

【出張大工】「宿飯+月10万円」でDIY創作させてください!

こんな企画をしていることを知ったからです。
カルちゃんは、私が田舎フリーランス講座を受けた時に講師をされていたので
その時に会ってました。^^

要は、タイトル通り

出張大工を宿代とご飯代+10万円で受けます!ということ。

出張大工私もやりたいっ

これを見て
「めっちゃいいやん!私もやりたい〜!」と即連絡。

実は、私、DIYよくわからないくせにDIY大好きなんです。

なぜかというと、

  • 体を動かしてなんかすっきりする
  • やっていることが形に見えて完成するのでなんかすっきりする
  • ワイワイみんなと作業するのが楽しくてなんかすっきりする

 

_人人人人人人人人人人人人_
> 結論 なんかすっきりする <
 ̄Y^YY^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

シンプルに楽しいです。

もともと外で遊ぶのが好きだったんですよね。

子供の頃、泥団子をいかにカッチカチにして保存するかに命かけてたり、
落ち葉の中に埋もれてみたり、、、

DIYはその延長にある遊びのような感覚です。

それともう一つ、

田舎には空き家がどんどん増えていっているのに

都会で新居を何千万も払って購入する価値ってあるのかなという疑問があり。

住んでしまったら資産価値も減っていくやろうし。

 

そもそも家とか車とかを所有することにあまり興味がないのですが、

DIYのスキルがあれば、田舎にあるちょっと昔のお家でも自分で改装できれば

リフォーム費用を抑えられて心地よく住めるんじゃないかな

そっちの方が楽しそうだなって思ってます。

 

実際に田舎では、100万ほどで家を買えたりする場所もあります。

今まで聞いた中で最安額はなんと3万。

家賃ちゃいますよ!家の値段ですよw!

なので自分の技、スキルとして学んでいきたいのです。

 

でもやったことないし、どうやって学べばいいのかわからない部分もあったので

今回迎えてくれてくれたことがとてもありがたく思っています。

ついていきますぜカル兄さん〜!って感じ。(カルちゃん年下やけど。)

モルタル塗りに初挑戦!

千葉県内房にあるコワーキングスペースまるもに到着。

東京から地味に2時間半ぐらいかかるw

ここで1週間ほど宿とご飯をお世話になります!

初日は、「モルタル祭りだよ!」ってことで

モルタル塗りに初挑戦。

モルタルとは、砂(細骨材)とセメントと水とを練り混ぜて作る建築材料

ウィキペディアより引用

 

つまりセメント混ざってる泥ですね。これをブロック塀に塗ることにより、見た目を美しくします。

モルタル塗りは、全員初めて。

メンバーは、カルちゃん、神奈川から来た森くん、私の3人。

いよいよモルタルを塗る作業開始!

まずは、モルタルと水を混ぜる。

 

けーぴー
水ってどれくらい入れればいいんだろうね?
森くん
わかんないね。
カルロス
やってみますか!

塗ってみる。

けーぴー
これ、できてるんかな?
森くん
むずいね。
カルロス
ムラになりまくりだね。左官職人だったら怒られてるよねw

全員めっちゃ下手くそ。

カルちゃん
もうちょい水入れてみる?
けーぴー
そうしよう

水追加。

カルちゃん
あ、いい感じじゃない?てかけーぴー混ぜ合わせるのうまくなってない?

ちょっと水多めのゆるめモルタルがいい感じに塗れることが発覚。

ちょっとずつ塗っていって、午前中で25キロ(1袋)のモルタルを塗り終わった!

けーぴー
完成までまだまだ遠いね〜。
カルちゃん
とりあえずお昼食べますかっ

昼食後、、

けーぴー
モルタルってどうやって塗ったらいいか、youtube見てみる?(今更)
森くん
見てみよう

今更だがyoutubeでやり方を学ぶ我ら。

カルちゃん
やり方そんな間違ってないよね(自信を持つ)

午後になると、モルタル塗りが午前と比べて格段に全員上手くなっていることに気づく。

モルタルを塗る様子がこちら。

けーぴー
見て!めっちゃうまない?」
森くん
いやいや、俺の見て!めっちゃうまない?
カルちゃん
いや、見てみてここやばない?めっちゃうまない?

それぞれが自分のモルタル塗りの技術成長を誇示し合うタイムに突入。

そして、

カルちゃん
今日はこの辺にしときますか。
けーぴー
うおおおお!できたねー^^

玄関部分のモルタル塗り、完成!

達成感めっちゃある!

そして!

やっぱり!

すっきり!

その後は、大盛りトマトパスタを平らげましたとさ。

体動かして、美味しいもの食べるって幸福度高いわ、、、

モルタルを塗る時に使った道具

左官鍬(さかんくわ)・・・モルタルと水を混ぜ合わせるのに使います

コテ・・・モルタルを塗るもの

コテ板・・・モルタルを持ち運びし、手元で持つために使います。今回は木の板で代用しました。

トロ舟(黒い入れ物)・・・モルタルと水を混ぜ合わせるための入れ物。

大きさの種類がいくつかあるので、用途に合わせて大きさを選んでください。

ゴム軍手・・・素肌でモルタルを触ると荒れるので、ゴム軍手必須です。

ホースリール・・・遠い所まで水を運ぶためにあれば便利です。

 

これからも色々DIYできるようになっていきたいな^^

エンジョイDIY!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です