海外のトイレで遭遇した最も開放的でスタイリッシュなトイレをご紹介したい

スポンサードリンク

こんにちは!

先日、実家に帰った時に父親から

トイレのウォシュレットが止まらなくなったから使わないように

との悲報を受けました、けーぴー(@keikokpkp)です!

今回は海外で私が経験したトイレをご紹介したいと思います。

日本のトイレは神である

日本のトイレってですよね?

ボタンを押せばお尻を洗ってくれたり

恥じらいを察するかのように音楽をならしてくれたり

挙句の果てには、立って流そうとした時にはさよならを言う時間も与えないほど

自動で流してくれている。

海外旅行から帰ってきた時に真っ先に思うのが、

日本のトイレっていいよなあ。です。

最も開放的だったトイレをご披露しよう

海外に行くと、

  • 水を汲んで流すタイプのトイレ
  • ボットントイレ

など様々なトイレに出くわします。

その中でも特に開放的だったトイレをご紹介します。

そのトイレに遭遇したのは、

国はボリビア。

デスロード(年に何人か死人が出る)と呼ばれる細い山道をロードバイクで爆走するというツアーに参加していた時のことでした。(これはこれで濃いな)

デスロードを走り切ったあと、バスに乗り込んで泊まっている宿のある町まで帰っていた途中。

「う。」

お腹が痛い。このお腹の痛さは、紛れもなく大腸にいるあいつのせいだ。

でも、このバスには10人ぐらい乗っているし、トイレ行きたいって言える雰囲気じゃないし

そもそも山の中だからトイレなんかありそうにない。

我慢してみるかあ。

30分後

やっぱり お な か い た いー!!!!

「運転手さん!すみません、お腹痛いからこの辺でトイレある所で止まってくれませんか。」

「オッケー。」

しばらくして、バスが小さな村に泊まってくれた。

「ま、間に合った〜。」

ダッシュ!

そこで、私は最も開放的なトイレに出会ってしまったのです。

 

どうでしょう。

このあふれんばかりの開放感。

無駄を省いたスタイリッシュなデザイン(渡部篤史の建もの探訪風)

余計なものは一切ありません。

なんなら便座もありません。

むしろ下半身もみなさんにオープンです。

便座にお尻つけないから、空気椅子で足がぷるぷるしている状態で

次に来る人を笑顔で迎え入れるスタイルです。

トイレはどうでもいいからドアつけよ?

って思ったけど、

我慢できないからするよね。^^

いや笑ったわあ〜。

みなさんはどんなトイレに遭遇したことがありますか?

世界のトイレ事情知りたい^^

エンジョイトイレ!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です