マチュピチュに行ったら間違えて隣の山に登山してた話

スポンサードリンク

こんにちは けーぴーです。

今日はマチュピチュに行った時のことを書きたいと思います。

タイトルにあるように、

私はマチュピチュに行きたかったのに、、、、、

気づいたら、、、、、、

隣の山の山頂にいました。

なんの修行をしに行ったんだろうと思います。

なぜそのような悲劇が訪れたのか、、、

理由は

・旅したての頃で、イキっていた
・買うチケットが違うかった。

これからマチュピチュに行く人の役に立つ、、、かも?

それでは、南米珍エピソードスタートです!

旅したての頃で、イキっていた


マチュピチュに行くために、クスコという町にいました。

この時は、一人旅をしてまだ一週間も経っておらず

旅をすること自体が新鮮でした。

最初の方は日本人の旅人と旅していたのですが、

この時は

せっかく海外に来たのだから、日本人に偶然会ったら会ったで嬉しいけど

積極的には会いに行かない旅をしよう

と思い、あえて日本人宿にも泊まっていませんでした。

しかも、マチュピチュに入るにはチケットがいるのですが、

クスコで買っておく必要があり、買いに行く時も

地図も持たず、チケット売り場の場所を人伝いに聞きながら、

なんの情報もなく一人で行ったんですね。

私、旅してるー😆 感が楽しかったのです。

これが間違いでした笑

買うチケットが違うかった。

チケット売り場へ

まあ基本的にスペイン語だから、当たり前に言葉が全然わからない笑

散々迷って←イキった結果 チケット売り場に着くと、

チケット販売のお姉さんが、

もう明日に行くマチュピチュのチケットは売り切れたわ

と言っていて、

せっかく来たのにどうにかならない?と聞くと

もう一つ、眺めが素晴らしいところからマチュピチュが見れるチケットがある

と言ってその景色が映った写真を見せてくれました。

そこには、想像していた通りの絵に書いたような綺麗なマチュピチュの姿が!

この場所だったら行ってみたいなー!と思ってそのチケットを買ったのです。

翌日、ついにマチュピチュへ

マチュピチュの入り口ゲートに着いて、受付で昨日買ったチケットを見せると

あなたのチケットはこっちへ進んでね、と言われ

なんだかみんなが行く方角と違うなあと思いながらも

私のポジティブさが災いして、

もしかして穴場な場所なのかも!
←アホ

と思って言われた方向にどんどん進んでいきました。

石段があり、ジャングルみたいな道に突入したり、、ずっと山を登っている感じ、、

そして30分が経った頃、、

ん?まだなの?

遠くない?? ←気づくの遅。

さらに1時間、、、

ここどこじゃあ!!!!マチュピチュどこじゃあ!!!(千鳥のノブ風)

一人で雄叫びをあげました。

その叫びは隣村の村長まで届いていたという。

これはもはや登山。
むしろ完全にがっつりめの登山。

マチュピチュと違うところに来ている。

そう分かったところで、

このまま引き返すのもなんか腹立って来たし、

てか、これどこまで続くんや!? よし、行けるところまで行ってみよう
←いや引き返すやろ普通

で、さらに歩くこと1時間、、、

途中でペルー人男性二人組と謎に仲良くなり、

「サークラー、サークラー、ヤーヨーイーノーソーラアワーッ」 って日本の桜の歌を知っててくれたんです!

そんな歌に励まされながら、、ついに頂上到着!!!

って、何も見えねーーー!!!!

マチュピチュってどこがやねん。

霧だらけや。

頂上でりんごを食べて、

また来た道をやっとの思いで下山して、マチュピチュはチラ見して帰りました。

これから行く人はネットでチケットが買えるので、

私のようにならないようにネットで買ってから行ってくださいねー!

チケット販売の公式ページ
http://www.machupicchu.gob.pe/

ちゃんちゃん。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です