私はグーグルを超える。就活で無知が招いた悲劇ワロた事件3選

スポンサードリンク

こんにちは!けーぴー(@keikokpkp)です!

最近電車に乗ると、リクルートスーツを着た学生さんをよく見かけるようになりました。

就活生をみると、私も就活してたなあ、と思い出すと同時に当時の嫌あーな気分が蘇ります。

毎日一緒にいた友達が次々と面接に受かっていく報告を聞く日々。

そんな状況を聞きながらも全くやる気のでない就活。

合同説明会と言う名の疲れるイベント。

2次面接に進み現地まで行ったけど、オフィスビルの前まで行って結局帰ったことも。

そんな当時の私は、今から思うと完全に就職活動について無知な学生でした。

私の就活話を聞いて、自分の方がマシやな!と思ってもらえたら幸いです!

自己分析したら適職が無理ゲー

就職相談
「とりあえず合同説明会に行って面接を受けていくうちに、行きたいところが決まってくるよ

という大学の就職センターのおじさんに言われるがまま、特に行きたい会社が決まっていなかった私は、

ひたすら合同説明会に参加していたが、行けば行くほど迷走し

面接を受けたい会社が決まらず私は焦っていた。

あまりにも行きたい会社がないので、

ある日、自己分析が足りないのでは?と思い、

パソコンでできる自己分析を受けてみると、

何回受けても結果が

適職:アーティスト、美術の先生、デザイナー」になる。

アーティストって今からどうやってなるん?

高校生から美大目指せばよかったんかなあ。なんて、謎の後悔をさせられる結果になった。

全くもって無責任な結果を出したパソコンの自己分析がさらなる負のスパイラルを生むことになる。

悲劇発生

自己分析をまあまあ真に受けた私は、

「やっぱクリエイターっぽい事が向いてるんかな?確かに美術は好きやったしな。」と思い、

アーティストっぽい仕事ができる会社を受けることにした。

早速リクナビで「クリエイティブな仕事を募集している会社」を検索し、

ついに「クリエイティブ職」を発見。

一番に出てきた会社に即応募する事に。

「これやー!!」

やっと見つけた!受けたい会社!

3日間かけて、志望動機とカンボジアでボランティアしたご満悦の自己PRを記載。

「書類選考通りますように!」

その会社の名前は、「株式会社博報堂」

学歴低いのに受かる訳ないやん

今から考えたら無知すぎワロた〜。

もちろん、選考結果が返ってくる事はなかった。笑

パソコンの自己分析と無知がもたらした悲劇だった。

私はグーグルを超える。

また別の話。

就活をしていた当時の私は、志が高く、熱い人が好きだった。元カレ然り。

大きな夢がある。経営者になりたい。世の中を変えたい。

そんな事を堂々と言える人がキラキラして見えた。

自分にはっきりとしたやりたい事がなかったからかもしれない。

多分この頃の私に、ネットワークビジネスの勧誘が来ていたら一発で入会していただろう。

チョロすぎる。

就活に迷走していた私は、次に「ベンチャー企業」を受けた。

規模が小さい分、「意見が通りやすそう」「自分で事業企画できるかも

なんてチョコレートのように甘い考えで説明会に参加。

するとベンチャー企業だからなのか、社長自らスピーチする時間が設けられた。

事業の説明を聞くと、どうやらネット関係の事業らしい。

美容院に対し、求人広告をネットに掲載しませんかと営業する仕事のようだ。

最後に、社長はおもむろに就活生に向かって言った。

社長
今、やりたい事に向かって全力で取り組んでいる人はどれくらいいますか?

誰も手は挙がらない。

社長
社会と言う場所は真剣に、覚悟をもってやりたい事を全力で叶えるところです。できるかどうかではないのです。やるか、やらないか、なのです。私達はこのまま今の事業だけに留まるつもりは全くありません。

いずれは、Googleを超える会社にします

その夢を一緒に叶えたいと思う人だけ面接に望んで下さい。

けーぴー
「この会社に入ってGoogleを超えようじゃないか。(チョロい)」

迎えた一次面接。

「社長の言葉がとても響きました!私も全力で世の中に価値を提供できる人材になりたいです!うんたらかんたら」

一次面接通過。

迎えた最終選考。東京へ。

この会社の最終選考は、面接だけではなかった。

最終選考に残った学生メンバーがチームに別れて、3日間実際に美容院へ訪問営業をし、

上司に次のアポをつなげる」成績を残せたチームが選考通過の可能性が高くなるとなるいう内容だった。

(3日間のバイト代欲しいなんてとても言えない)

美容院へ初訪問営業

当然の事ながら、美容院はお客さんが髪を切ってもらう場所だ。

「はあ?今接客中なんで。」の一言で帰される所がほとんど。

話を聞いてもらえたとしても、ど緊張で手は震えるわ声も震えるわで、逆に美容師さんに

「関西から来たの?頑張ってねえ」と心配されて終わる始末。

一日中、東京を一駅一駅周って歩いて訪問して営業して、全く成果も上がらず、

最終日の3日目には、いやシンプルにしんどいわこれ。と思うようになっていた。

苦しい、笑顔を作る事すらしんどい、体力的にも精神的にもしんどい。

それでも、個人の成果ではなく、あくまでもチームとして競っていたので

チームに貢献したい!その思いで、最終日にようやく執念のアポゲット!(チーム初)

ぃよっしゃーー!!!チームで大喜びした。

そしていよいよ本社にてそれぞれのチームの結果発表。

Aチーム アポ1件獲得。

Bチーム アポ2件獲得。(2件かあ負けたなあ)

Cチーム アポ件獲得

っは?!?!アポ7件やとおおおお?!

結果報告後、Cチームのメンバーの一人に

けーぴー
どうやってアポ7件もチームで獲れたのっ!?!?

と興奮気味に質問すると、

Cチーム
訪問営業はなかなかアポ取るの難しいから、途中で電話でアポとるようにしたんだっ★

って

 

電話営業ありやったんかい〜〜(΄◉◞౪◟◉`)!!!

この時ほど目から鱗がこぼれ落ちた事は、ない。

Google を超える夢、これにて絶たれる。

無知すぎワロた事件は続く

このように、私は、激しく無知すぎワロたな学生でした。

その後、ついに禁断の決断をする事になります。

それは、、、

けーぴー、起業するっきゃねえ

です。

その事件については改めて書きたいと思います。

 

とにかく

就活生のみなさん、頑張って下さい!!

・大学に入れさせてもらったから就職しないと親に迷惑がかかる

・周りの友達が全員就職が決まっている

非常に気持ちはわかるけど、自分の人生、納得の行く答えを探して下さいね。

自我を捨てて暴れまわりなさい。そういう大人になってください。

年齢なんか関係ない、はしゃげ、はしゃげ、人生〜!

芸人 野性爆弾 くっきー

 

くっきー大好き。

エンジョイ就活!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です