【体験談】夜行バスに乗り遅れた時はどうすればいい!?超焦ったよ、、

スポンサードリンク

こんにちは!

東京から京都への夜行バスに乗り遅れたことのある

けーぴー(@keikokpkp)です。

 

夜行バスって乗り遅れてしまったらその時点で夜の12時とかなので

もう次のバスもない、新幹線もない、、泊まるしかないのか、、と一瞬途方にくれてしまうんですよね。

 

でも、もしかしたらまだ間に合うかもしれない!!

 

夜行バスに乗り遅れそうな人は!

事前に連絡すればちょっと待ってもらえる可能性もあるし

バスが出発する前ならキャンセル扱いとなり

便の変更、返金をしてもらえる可能性もあるから

遅れそうならバス会社に電話しておこう!!

連絡先はどこに記載されている?

>>>大抵予約完了時に送られてきたメールに連絡先が記載されています

夜行バスに乗り遅れた人は!

 

もし!夜行バスに乗り遅れたら、今すぐ乗車予約完了のメールを探して

緊急連絡先に電話してみて!

問い合わせ先が営業時間外なら、バス会社に連絡してみましょう。夜中でも対応してもらえたよ!

夜行バスに乗り遅れた時にできること

基本的に乗り遅れてしまったバスチケットの返金はしてもらえません。

できることとしては、

・バス会社に連絡して、次のバス停留所まで電車で行く

・新たなバスチケットを買い直す

です。なんにせよ早急に問い合わせましょう!!

 

【体験談】夜行バスに乗り遅れたわたしの場合

夜行バスに乗り遅れた私の体験談

東京駅から高速バス乗り場へ向かう時点では安心しきっていました。

急いだ方がいいけれど、間に合わないことはないだろうという感じ。

 

ただ、予想外に駅からバス乗り場までの距離が離れていて

あれ?ちょっと急がないとやばいかも、、と早足でバス停に向かったところ

 

夜行バスの出発時刻が23:50

バス乗り場に着いたのが23:50

着いた時にバスが止まっていたので、安心していました。

そしていざ乗ろうとすると目の前でバスが発車。

その時のわたしの心境

 

目の前で起こっていることが信じられませんでした。

 

ゆっくりと乗り場から離れていくバス。

 

慌てて、近くにいたバス乗り場のスタッフの人に

「あれ!!わたし乗る予定だったんですよ!!」と言うと

スタッフの人は、出た出た、こうゆうやつたまにいるねんといっただるそうな表情で

「ああ、もう出発しちゃいましたよ。何時のバスですか?」と言いました。

 

「23:50ですよ!!ここにちょうど着いたのに!」とギリギリに着いたにも関わらず

ちょっとぐらいなぜ待ってくれないんだという私の虚しい主張は

「ああ、今23:51ですからね。1分遅れです。」という言い返しようのない正論によって打ち砕かれました。

「そんな!!他のバスに今から変更できますか!?」と、恐らくできないことはわかりつつも

すがる思いで聞いてみても

「いやあ今日金曜日だから無理だと思いますよ、どのバスも一杯ですし」

私はこれ以上何もできませんよ感が伝わってくる回答に、

 

うわあああああやっちまったああああああ

 

夜行バスやのに一泊したら意味ねええええ

 

と、絶望していたのですが、

ふと、そういえばバス会社にまだ連絡してないぞ、と思い出しました。

でもこんな時間にカスタマーサービスも営業してるのかな?と思いながら

予約時に送られてきた予約完了メールを探し出し、記載されていた会社の電話番号を鳴らしました。

すると、

「はい、もしもし」

 

つ、つながっったーーー!!

「すみません、東京で、今!夜行バスに乗り遅れてしまいました!」

そうでしたか、、今確認してみましたが、もう次のバスは予約で一杯で、それが最終便なので次のバスはありませんね、、

 

 

終わった。東京で一泊するしかない、、

 

そう思ったその時

 

電話先のお姉さんはこう言いました。

もしかすると、、ですが、横浜までの電車に今すぐ乗れば、乗り遅れたバスに追いつけるかもしれません

 

思いもしなかった提案に、

「ええ??」と聞き返してしまった。

 

ですから、横浜まで電車で行けばバスより先回りして追いつける可能性があるかもしれないということです!

責任は取れませんけれどね!もしそれで乗れなくてもチケット代返金は致しかねますが、、

 

とあくまで選択肢はあるけれど、間に合う保証はありませんよ、との提案でしたが

 

わたしに残された選択肢はそれしかないぃいっっ!

 

「やってみます!」

「わかりました!バスの運転手に連絡しておきます!頑張ってください!」

そうして横浜駅に向かうために、東京駅にまたダッシュで向かったのであった!

 

なぜここまでして帰りたいかというと

その時が三宅島から帰ってきたばかりのタイミングで、

わたしの荷物は大きなスーツケースとリュックと併せて

島の人からいただいた、大きな金目鯛を3匹ほど発泡スチロールの中に氷漬けの状態で持ってたんですよね、、!!

 

 

魚のことはよくわからないですが、すでに7時間の三宅島から東京までの船旅を共にしているので

鮮度的にあと1日放置はダメな気がする。

 

ということで

金目鯛の入った発泡スチロールを抱えて東京駅まで猛ダッシュ!!

中身の氷がちょっと溶けてきているのか

持った時に中の音がシャラシャラいってる、、、

 

発砲スチロールを両手に抱えて釣り帰りさながらの格好で

東京駅を爆走している姿は変な人だったに違いない。

 

横浜行きの快速になんとか乗って、横浜駅に到着!!

 

そして!

 

乗り遅れた夜行バスに先回りしてなんとか間に合いました〜〜!!

 

いやあ、夜行バスは乗り遅れるもんじゃないです。

時間には余裕を持って行動しましょうっ☆

 

そして万が一遅れてしまったら、すぐ会社に電話して!

東京ー関西なら横浜まで行ったら先回りできる可能性あるよ!

 

それでは!エンジョイ夜行バス!

 

SNSやってます!!

twitter>>>@keikokpkp
instagram>>>keiko_kpkp

スポンサードリンク