シェアハウスで起こったトラブル体験談【運営会社は選ぶべき】

スポンサードリンク

こんにちは!けーぴー(@keikokpkp)です。

 

皆さんシェアハウスに住んだことはありますかー??

 

シェアハウスの話を友達とすると、「住みたい」「住みたくない」が

はっきりと分かれますね。

わたしは今まで何箇所かシェアハウスに住んだ経験があり

一人暮らしよりもシェアハウスおすすめ派です♪( ´▽`)

だって、家に帰っても1人じゃないって寂しくないじゃないですかー!

 

ただ、

シェアハウスにこれから住もうかなと思っている人に

管理会社は選んだ方がいい!ということをお伝えしたい、、!

 

友達からシェアハウスでのトラブルを聞いて
これはヤッベエな、、と思ったので話しますね。

 

シェアハウスで起こったトラブル

友達(以下Aさん)は、初期費用が安いことや

家電を揃えなくていいことから

一人暮らしよりも、シェアハウスに住むことにして物件を探していました。

 

そのタイミングでAさんの友達Bさんから「いい物件あるよー」と

ある物件を紹介してもらい、内覧したときに部屋がとてもキレイで

広いのに家賃も他と比べ安かったためとAさんとBさんはそのシェアハウスへ一緒に

住むことにしました。

しかし、、

トラブルその1:聞いていた話と違う

シェアハウスの管理会社から、最初は

「20代の人が3人いる」と聞いていたそうなんですが

実際に入居してみると、

40代〜60代の方だったそうで、聞いていた話と違いびっくりしたそうです。

 

管理会社に聞いてみると、

友達が住んだ物件を管理する会社が今まで何社も変わっていて

管理会社間での情報共有が行われておらず

「20代の人が3人いる」という情報は2、3年前の情報だったとのこと、、!

まあ、友達同士で引っ越ししたのでいいかあと思っていたAさんは

さらに驚くことになります。

トラブルその2:人の家に住まわせてもらっている感覚

 

簡単に言うと、Aさんが住んだシェアハウスは

長年住んでいる40代の女の人が完全に幅をきかせていて

その人の家に住まわせてもらっている感覚だったそうです、、

 

自分の家やのに辛い〜〜!!

リビングの私有化

まず共有スペースに、先に住んでいる人の私物が置きまくってあって

リビングが私有スペース化していた。

 

食器とかキッチン用品も共有と聞いていたのに、

実は共有ではなく置いてあるキッチン用品が使えない。泣

それを管理会社に言うと担当者が持ってきたキッチン用品(包丁、まな板など)が

全て100均の物。。

100均の物が悪いわけじゃないけど、、はあ〜って感じですよね。

さらにそのシェアハウスを牛耳っていた女の人に

「包丁で野菜を切る音がうるさい」と言われたらしい。

 

っはああーーー!?どないせえっちゅーねん。

浴室を拭かないと文句

一番びっくりしたのは、

お風呂に入った後、浴室内の水を全部拭き取らないと

文句を言われるということ。

 

っめんどくせええええ!!

シェアハウスでトラブルにならないために管理会社はまじで大事

実は、わたしもその家に行かせてもらったことがあって、

めっちゃ広くて快適そうな感じなんですよ!

だから内覧しただけではわからなかったと思います。

 

これって管理会社が正しい情報を持っていないことがそもそも問題ですよね。

 

最近、その友達は結婚して無事その家を出たようで

心から

良かったなああああ( ;∀;)と祝福しました。

 

なのでね、この話を聞くと

シェアハウスの管理会社がちゃんとした会社かどうかって

部屋を見てテンションが上がるとあまり気にしないかもしれないけれど

大事だなと思った次第です。

 

内覧の時にこれだけは確認しておこう!

内覧する時に、物件を管理している担当者さんと会います。

その時にこの会社で大丈夫だろうかという点を確認しましょう。

これは確認おいた方がいい!と思う点をまとめました。

運営会社、管理会社の人をチェック!

・創業年数どれくらいの会社?

・物件のいい所だけ言ってない?

・問題があった時に頼れそう?

・定期的に物件を訪問している?

・聞いたことをあやふやにせず誠実に対応してくれている?

 

内覧する時に管理会社に確認するべきこと

併せてシェアハウスのチェックポイントもまとめました。

・どんな感じの人が住んでいるのか
(年齢層、男女比率など教えてもらえることは全部聞くぐらい大事!)

・どれが私物でどれが共有物か

・掃除の範囲
(私が前住んでたシェアハウスは業者さんが毎週共有スペースを掃除してくれた)

・家のルールを確認
(冷蔵庫は自由に使っていいのか、持ち物に名前を書くのかなど物件によってルールは様々です)

・家賃費用は何が含まれるのか
(水道光熱費をシェアメイトで割る家もある)

・人の出入りの頻度、退去理由もさりげなく聞けたら聞く
(人の入れ替わりが頻繁じゃないか、シェアハウスとして機能してるのか確認したい)

おすすめのシェアハウス運営会社

ここまで読んでいただければ、運営会社を選ぶ大切さを感じていただけたはず。

 

けーぴー
じゃあそれどの会社なのよ!?

はい、では

長年シェアハウスを運営している会社をご紹介します!

オークハウス

・創業20年で安心した管理・運営

・日本一の物件数!1年間に1000室ペースで増加。

・敷金礼金仲介手数料が無料

創業20年の管理・運営をされているためシェアハウスの第一人者とも言える会社。

累計5万人の方が利用していることもあり、安心の管理体制です。

私の友達が現在オークハウスに入居していますが、

ジムやシアタールームがあり、

シェアハウスって安いけど古い建物なんじゃないの?という先入観がなくなったそう。

関東と京都に物件があるのでぜひチェックしてみてください。

まとめ

シェアハウスを決めるときは運営会社も家を決めるのと同じくらい大事!

内覧の時にチェックして後悔のないシェアハウスの選択を♡

それでは!

エンジョイシェアハウス!

スポンサードリンク