転職エージェントとの面談は本音で話してもいい?【基本本音でOKだけど準備が必要】

スポンサードリンク

こんにちは!けーぴー(@keikokpkp)です。

 

転職エージェントと初めて面談をする時に

どこまで何を話せばいいのだろう?

今の仕事がとにかく辞めたいのだけど本音で話してしまって良いのかな?

 

素の自分を出していいのかわかりませんよね

 

わたしは何も準備せずに、面談に行って失敗した経験があり

転職支援の仕事に就いてからやっとなぜ失敗したのかがわかりました

 

実は、転職エージェントと面談前に自分で準備する必要があるんです

 

今回は、

転職エージェントにどこまで本音で相談していいの?!を解決するための話をお伝えしたいと思います

 

転職エージェントにどこまで本音で話していいのか?

転職エージェントにどこまで本音で話していいのか

をお伝えする前に少しだけ

転職エージェントの仕事について説明させてください

 

エージェントは人生相談ができるカウンセラーではなく、営業職

個人と企業をマッチングするというミッションを持って仕事をしていて

 

利用する側は無料なのでわかりにくいのですが、

営業職だから毎月○人ご支援するという目標があります

 

そうなれば当然エージェントとしては全員を支援したいし、できるように頑張りはするけれど

採用に至りやすい人と採用に至らなそうな人では面談者の中で

優先順位がつけられてしまうわけです

 

それを考えると、

実際のところ面談に行く理由は「転職エージェントに呼ばれたから来た」のは事実なんだけど

面談で「呼ばれたから来ました」と言ってしまうと

 

転職エージェントから「転職への意欲が少ないな」と誤解される可能性もあるので

企業の面接に行くほど準備しなくてもいいですが

面談で聞かれる内容は面接内容と似ているので、プレ面接だと思って

自分で

転職理由

仕事の実績

自己PR

を整理して職務経歴書に書いたことを言えるようにしておいた方がいいです

「こういう仕事をしていて、売れる人材ですよ」ということを

転職エージェントに伝えるためです

 

とはいえ本音で話してください

 

とはいえ、仕事の実績を誇大化して伝えたり

本当はこう変わりたいけど、、言いにくい

という部分に関して嘘をつく必要は全くありません。

「会社の上司と全く合わなくて、毎日仕事に行くのが本当に辛かった」

「お局さんがいて、、妬み嫉妬がすごかったんですよ」

など人間関係の不満や

「年収をもっと上げたいです」「残業が嫌です」

【転職理由】【転職先で叶えたいこと】はどんどんエージェントに話してみてください

 

そこは転職のプロなので

「こういう会社なら、あなたの希望が叶えられますよ」

「その希望は、難しいと思います」

とエージェントも真剣に向き合って相談に乗ってもらえます

転職エージェントでも答えられないこと【私の失敗談】

でも転職エージェントにも答えがわからないことがあります

それは

「やりたいことがわからなくてどうしたらいいかわからない」ということ

 

わたしの失敗談を話したいと思います。

わたしは転職のために人材会社に面談に行きました

その時は契約社員だったので、契約が終わったタイミングで違う仕事をしようと

考えていたのです

 

今している仕事内容に不満があるわけでもない。

でもめちゃくちゃしたいかと言われれば、うーんという感じ

果たしてこのまま同じ業界で仕事を続けるべきか悩んでいました。

 

それをあまり自分の中で整理もしないまま面談に行ったのです

 

そして、面談で転職エージェントさんに

「これからどういう仕事をしていきたいと思っていますか」と聞かれた時に

 

自分でもよくわからず、しどろもどろになりながら返答してしまいました。

 

わたしは、大学生の時から「就職する」ことに悩んでいた経験があり

結局新卒でセラピストに就職したのですが

 

大人になった今

若い人の選択肢って

色々就職以外にあっていいよなあ

それがちゃんと教えてもらう機会がなんでないんだろうな〜

あったらいいのにな〜と思っていて(もうあるのかもしれないですが)

そういう若い人の選択肢が増えるようなことがしたいと考えていることを

 

その時率直に転職エージェントさんに話したのです。

 

すると

「え?新卒で就職以外の選択肢ってないですよね。まずは就職して経験を積まないと。

他の選択肢って何ですか?」

と言われ、

その当時はフリーランスという働き方も知らなかった

「就職以外の他の選択肢」が一体何なのかもわからない

本当にその時ふわっと思っていることを話してしまったので

「いや、わかりません」 と

よくわからない空気になってしまったのです笑

 

結局

「色々面接を受けながら考えていきましょうか」という話で面談は終わり

なんだかモヤモヤしたまま帰宅しました、、

転職エージェントは企業へ就職してもらうことがゴール

 

転職業界の経験をした今から思うと当たり前ですよね。

転職エージェントからすると、求人紹介をしたいのによくわからないことを言っているわたし笑

どんな仕事がしたいか見えてこないし、そりゃ

「求人に応募しながら考えましょう」と言うしかないですよね笑

 

当たり前のことなんですけど

例えば、求職者が「もう少し自分自身のことを表現して生きていきたいです」と相談したとして

「じゃあyou tuberはどうでしょうか?」と提案する転職エージェントはまずいないと思います笑

 

企業で働くことを前提に相談に乗るので

企業で働く以外のことも含めて人生全般的に相談したいとなると

違う場所の方が適しているかなと思います

 

そのための情報収集法としては

企業でずっと働いている人はその他の働き方をあまり知らない人が多いように思うので

知り合いでフリーで働いている人に聞いてみるとか

ネットで検索する方がいいです

全く周りに知り合いもいなくてどうすればいいかわからないという人は

近くの大型書店に行って、「こうなりたい」とか「こんな感じ憧れるな〜」と思う人の本を読みまくる

または、新書から本を見つけて、著者の名前をネットで検索してみてください

すると、新書の場合「出版記念イベント」を割と全国で開催しているパターンが多いので

実際に著者に会いに行って話を聞くのも1つの手段です(経験あり)

 

転職エージェントとの相性だってある

ではどこの人材会社のエージェントが優秀か?

ということなんですが、

その答えは「会社ではなく人による」です

 

どんなエージェントさんが自分の担当者さんになってくれるかは

運です

 

転職エージェントも人なので、相性があります

 

実際に、わたしも先ほどお話した「面談ふわふわ失敗経験」を経て、

次に面談に行った人材会社の女性エージェントさんとは

すごく話がテンポよく進みとても細かな配慮までして頂けて

無事転職できたので、とても良いエージェントさんに巡り会えてよかったです

 

だから、1つの人材会社だけではなくて複数のエージェントに相談した方が良いですね

ちなみに担当してもらったエージェントさんに他社人材会社を利用していることも、

「他のエージェントにも相談していることって言いにくいな」と思うかもしれないですが

伝えて問題ないですよ

 

転職エージェントの紹介

転職エージェントのサービスを行っている人材会社を紹介します

リクルートエージェント

業界最大手の人材会社です

非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してもらえます。

職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく

キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピールし

積極的に採用成功までサポートしてもらえます

 

>>>リクルートエージェントに相談する<<<

dodaエージェント

dodaエージェントでは

他社エージェントに比べ、「細かなサポート」「求人紹介量が多い」対応で

機械的ではなく親密に支援していただきました

エージェント登録すると、dodaの専門スタッフから

非公開求人を含めて10万件以上ある求人から希望に合わせてお仕事を紹介してもらえます。

企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までのサポートがあります(対面または電話)

何回も担当者変更することはおすすめしませんが、

もし担当者と合わないな、、と感じた場合担当者の変更をお願いすることも可能です

 

全国に9箇所の拠点があるのでお近くの拠点に相談してみてくださいね

 

>>>優良企業への転職情報ならdoda  <<< 

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビの人材紹介サービスです。

 

特徴として、サポート体制が徹底していて

職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接の他、利用回数や期間に制限なく

求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も可能です。

 

転職期間が長引いてしまってもサポートしてもらえるのはありがたいですよね

 

>>>マイナビエージェントにに登録する<<<

 

まとめ

転職エージェントさんに本音で話して良いのか?

の答えは、基本的には本音でOK

でもあまりにも準備不足で面談に行くのはもったいない!

転職理由

仕事の実績

自己PR

を整理してから面談に向かおう

 

「転職理由」がはっきりしている人は本音で転職エージェントと話して

求人紹介をしてもらいましょう!

 

もし、転職以前に「何がしたいのかわからない」「もう少し漠然としたことを相談したい」

という方は、自分で情報収集したり、転職自体をするかしないか

改めて考え整理してから転職エージェントに相談しましょう

 

スポンサードリンク