20代後半におすすめの転職サイトと利用する時のポイント【裏話あり】

スポンサードリンク

こんにちは!けーぴー(@keikokpkp)です。

 

転職するときにもはや転職サイトを使うのは当たり前になってますよね

ただ、

どの転職サイトがいいかなあ

転職サイトによって何か違いってあるのかなあ

なんか情報が多くて何からどうしていいやら、、

 

こんな感じの人って結構いるんじゃないでしょうか。

同じように見えて、転職サイトはそれぞれ特徴があって

できれば1つのサイトだけでなく2、3社登録しておくと、

それぞれのサービスが受けれて転職が捗ります。

 

20代後半では、第二新卒ではなく一般的な転職者の扱いになりますので

これから紹介する総合的な転職サイトへの登録をおすすめします。

 

この記事では

転職エージェントとの求人の違い

大手転職サイト4社の特徴

利用する時のポイント

を詳しく説明していきます。

 

転職サイトの仕組み

転職サイトに出ている求人と転職エージェントでは求人は違うのか?

転職サイトと転職エージェントでは見れる求人が違います

 

企業が人材会社を使って人を雇いたいなと思ったら

3パターンから選べます

・転職サイトに求人を掲載する

・転職エージェント経由で紹介してもらう

・どちらも利用する

 

転職サイトは、いわば広告で

求人を載せたい企業が人材会社にお金を先に払って求人を転職サイトに掲載します。

記事の掲載費用は10万〜200万程で値段は原稿プランによって違います。

掲載期間は2週間〜1ヶ月。

 

原稿プランが高い程広告の内容が豪華になっていくので

写真がふんだんに使われていて特集ページが組まれているような求人は

大量採用したい企業が多いです

 

また、誰でもエントリーできる点から

「専門的な経験の人がピンポイントに欲しい」というよりも

できるだけ広く色々な人からの応募が欲しいと思っている求人の傾向があります

 

一方、転職エージェントは

紹介した人材が採用まで至って初めてお金が発生します。

ただし、採用決定者の年収の3割程度が人材会社の報酬となるので

例えば年収400万円の人が採用決定した場合、およそ120万の報酬が人材会社に支払われるのです。

 

また、一般公開していない非公開求人もエージェント経由で募集をかけられるので

・高い金額を支払ってでも採用できるだけの財力がある企業の求人

・広告では伝えにくいポジションの人材をピンポイントで募集している求人

・募集したいポジションをライバル企業に知られたくないなど非公開求人

上記のような求人を見ることができます

 

転職サイト比較

実際に使って見て良かったところも含め転職サイトを比較してみたいと思います

 

がっつり本腰を入れて転職活動するなら3社ほど登録しておいた方がいいですが

まずは求人見るだけ、実際に動くのはもう少しあとになりそう という方は

リクナビNEXTだけ

いいと思います

リクナビNEXT

リクナビNEXTは転職を考えたら1番に登録しておくべきサイトです

その理由は、2つあって

  • 求人数が圧倒的に多い
  • 自己分析ツールがある
です

業界最大級の求人数で登録者も1番多いサイトです

 

リクナビネクストの自己分析ツール

リクルートの独自のノウハウを活かして開発され

30分ほどがっつり質問に答えていくと18種類の中から5つの自分の強みがわかります

 

ここまでしっかりした自己分析ツールは受けようと思うと有料であることが多いのに

無料で受けれるのはいいなあと思いました

客観的に自分の強みが診断されるのは嬉しいですよね

doda

dodaの特徴は、転職サイトと転職エージェントが一体となっているところです。

どういう事かというと、

転職サイトの

「応募する(エージェントサービス)」というボタンから求人にエントリーして書類通過すると

dodaのエージェントから応募者に連絡が入り

応募書類の提出、選考結果のご連絡、面接日程の調整などの

本来ならカウンセリングを受ける必要がある転職エージェントと同じようなサービスを

直接応募でもしてもらえます

 

また、スカウトサービスが充実していて、

中でも面接確約オファーが届くと書類選考なしでいきなり面接から選考を進める事ができます。

 

だからといって名前や住所など個人情報が見られる事もないので

現職が忙しい人は空いている時間にスカウトをチェックできてとても便利です!

 

マイナビ

マイナビもリクナビに続く大手人材会社の1つです

マイナビというと新卒で就活するときに利用するイメージが持たれがちですが

最近は転職支援にも力を入れていてサイトも充実しています

 

マイナビの特徴は

求人に「気になる機能」があり、

気になった求人の「気になる」ボタンを押して保存すると

企業に匿名の履歴書が公開される仕組みになっています。

 

いわば応募する一歩手前みたいな感じです。

 

採用担当者が履歴書を見てもし興味ありを押すと、マッチングが成立します。

書類通過を保証するものではありませんが

マッチングしている会社には選考通過しやすいということが応募前にわかります。

 

応募する前になんとなく書類通過するのかが知れるのはありがたい機能ですよね

 

エンジャパン

エンジャパンの転職サイトの魅力はなんといっても求人情報が丁寧な点ですね

 

求人内容だけではなくて

仕事のやりがい、厳しさ、この仕事に向いている人はこんな人、向いていない人はこんな人

と求人情報のいい事ばかり取り上げないで

こんな事もありますよ、と悪い面も書いてあるため

リアルに仕事しているイメージがしやすいです

 

また、元社員の口コミ情報、企業の平均年収、平均勤務時間まで記載されているため

働いている人のリアルな情報を知る事ができます。

 

転職サイトを利用するときのポイント

登録自体は簡単にできるが応募するときはしっかり埋めるべし

転職サイトの登録自体は3分ほどで終わります。

なので求人を見て気になるリストに保存したり、自己分析ツールをするときは

登録だけで大丈夫です。

 

でももしこの求人に応募したい!と思った時は

しっかりweb履歴書を作りこんでから応募しましょう

 

ボタンをぴっと押すと応募できちゃうので

結構軽く応募する人もいるのですが、

当たり前の事ながら人事担当者に届いちゃうので、

内容が薄い履歴書で落とされてしまってはもったいないです。

 

簡単な履歴書で応募してしまう人がいますので時間をとって

職務経歴書まで作成してから応募してくださいね

web履歴書はワードやメモなど他のツールで書いてコピーするべし

わたしの例なのですが

web履歴書に直接入力していると

入力欄が小さい場合や、文字数が表示されないため

自分がどれくらい書いたのかわからなくなっていました、、笑

 

だから、ワードとかメモとか違うツール上で一旦書いて完成させてから

それをコピーしてweb履歴書に貼り付けるやり方の方が

自分がどれくらい何を書いたのか見やすいのでオススメです。

スカウト機能を利用しよう

今回紹介した転職サイトでは、どのサイトでもスカウト機能があります。

 

会員登録の時にメールアドレスも一緒に登録するのですが

あなたのweb履歴書を見た人事や登録先の人材エージェントが

「この人に応募してほしいな」と思ったら

スカウトメールを送るという機能です。

 

スカウトメールは企業が送っている場合と人材会社が送っている場合の2パターンありますが

いずれにしても、あなたの経歴と企業が求める経歴と近しいですよという事です。

もちろん返信する必要もないので、スカウトが来たメールを読むだけでも大丈夫です。

 

自分で求人を探す手間が省けて、転職活動の時間短縮に役立ちますので

時間が取れない方はスカウト機能をぜひ使ってみてほしいのですが

注意点があります。

 

それは、スカウトメールが届いたからといって

書類通過の意味ではないこと。

 

たまに、スカウトメールが届くと面接まで行けると勘違いしてしまう人もいますが

「一次選考免除」「面接確約」「書類選考免除」などの文言が入っていない限り

書類選考で不合格になる可能性もあります。

 

裏側を言うと、書類上スキルマッチしていたけれど

たくさんの応募が集まったので、よりマッチしている人を書類選考した結果採用を見送るようなこともあります。

 

それでも、自分が検索条件に入れて求人検索していなかった企業から

スカウトが来たり、思ってもいなかった業界からのオファーを知れるメリットがあるので

転職の幅も広がるので良い機能だと思います。

 

口コミサイトも併せて活用しよう

転職サイトは、

企業が人材会社にお金を払って求人をだす広告だとはじめにお伝えしました。

だから内容はちょっと

女子で言う「盛って」ますよね

 

企業のネガティブな内容はあまり書かれていません。

だから、「この企業良さそうだ」と思ったら

転職サイトと併せて転職の口コミサイトも利用してみると良いです。

 

代表的な口コミサイトは

ですね。

 

「仕事内容なぴったりなんだけど実際の所残業時間はどれぐらいなんだろうか?」

「頑張ったらちゃんと評価してもらえる会社かな?」など

知りたい実態を口コミから見ておくと、入社後の思ってたのと違う、、が減らせます。

 

ただ、

個人の主観によって感じ方は違うので

「あの上司が最悪だった」など個人の意見が書かれている口コミは

まあそういう人もいるんだろうな、ぐらいで情報を信頼しすぎるのも危険かなと思います

半分信じる程度の気持ちでチェックしましょう。

 

転職エージェントと併せて利用しよう

もう転職エージェントもすでに利用している人もいるかと思いますが

転職サイトと一緒に転職エージェントも利用しましょう。

転職エージェントを利用することのメリットとしては

・カウンセリングから自分に合った求人を提案してもらえる

・書類選考が通りやすい

・面接日程調整してもらえる

他にもいろいろメリットがあります。

 

転職エージェントについての記事は他の記事に書いています

求人だけみたいという人なら転職サイトへの登録でいいですし

本格的に転職活動したい人はエージェント利用がおすすめです。

(わたしもだいぶ助けてもらった過去ありです)

まとめ

ちょっと登録めんどくさいよな。。

と思うのですが

まずは簡単な内容で3分ほどでサクッと登録して

求人をチェックし、応募しようと思った段階で

一度時間をとってweb履歴書を作成する流れでいいと思います。

 

転職のブログを作成しておいてあれですが、

転職サイトには書類の書き方や企業の選び方など

転職に関する知識ががっつり載っているのでとても参考になります。

 

まずは転職サイトに登録して色々求人を見てみてください。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

1 個のコメント