28歳女性で転職するための自己PRのポイント【この手順で進めば完成します】

スポンサードリンク

こんにちは!けーぴー(@keikokpkp)です。

 

今回は、職務経歴書を作る時に出てくる悩み

・自己PRって何を書けばいいの?

・どうやって考えたらいいの?

・そもそも自己PRが自分にあるのかどうか怪しい、、、

 

そんなお悩みを解決したいと思います!

 

自分で悩むより、プロに早く相談したいという方はこちらに

転職エージェントの記事があるのでどうぞ↓↓

 

28歳女性で転職するときの自己PRのポイント

いきなり自己PRと言われても何から書けばいいのかわからないなあ

という人のための書く時のポイントです

自分の個性をPRをしない

よくあるのが自己PRを自分の個性を紹介するためのものだと思っている人がいます

間違いではありませんが、直接的に仕事に関係のないことや

人となりの個性を自己PRで記入したところで企業からは評価の対象にはなりません

(クリエイター系の仕事なら個性は必要かもしれませんが)

 

あくまで自分の仕事上での強みは何なのか、次にどう活かせるのかを

意識した内容を書きましょう

未経験の職種に転職したい時に資格アピールはしすぎない

新しい職種へチャレンジするために資格を取得した人がやりがちなPRは

いかに資格取得するための努力をしたか語ってしまうこと。

資格があれば優遇されることはありますが、資格だけで採用とはならず

28歳で転職するときには仕事で何をしてきたかの方が重視されます

 

そのため、資格をどうやって取得したか、その時にどう頑張ったかという内容よりも

仕事で得たスキルを書く方が良いでしょう(詳しくは後述)

時間をとって今までしてきた仕事を書き出す時間を作る

自己PRを頭で考えながら15分ほどで書こうとしている人もいますが

28歳までの経験を振り返るのは15分では足りないはずです

 

その場で書こうとするのではなく1度今までどんな仕事をしてきたかを書き出す作業が必要

「受けたい企業は未経験の職種だから、そこまで詳しく前職の内容を掘り下げる必要はないんじゃないか」

と思うのは違います

たとえ未経験の職種であっても、その場合はどの職種でも通じるポータブルスキル(詳しくは後述しています)を中心に書けば良いので

自己PRを書く前に時間をとって今までの仕事を思い出し書いてみましょう

 

今までしてきた仕事を具体的に書くためにすること

今までしてきたことを振り返って書き出すことが大事ということはわかった。

でもいまいち何を書けばいいかピンとこない、、、

という人のための仕事スキルの棚卸しの方法を書きました

5w1hで書き出す

とにかく、自己PRに書くかどうかは一旦置いておいて

今までしてきた仕事を具体的に箇条書きで書き出していきます。

・上司から言われた内容を取引先に伝え、プロジェクトが成功するようスケジュール調整した

・イベントのため、1日○件毎日荷電し集客した など

 

その時に大事なのが、5w1hを全て入れる必要はないですが

意識して書くこと。

・お客様に満足していただけるよう頑張りました

では具体的にどのように頑張って仕事をしていたのかイメージがわきません。

 

5w1hとは

いつ(when)

どこで(where)

誰に(who)

何を(what)

なぜ(why)

どのように(how)

したのか。

 

例えばエステで働いていたとすると、

新規のお客様に(誰に)また再来店いただけるように(なぜ)

施術中の会話からその方に合わせた肌の改善策と知識をお伝えした上で(どのように)、

次の予約を提案した(何を)ところ、再来店率が○%上がっただけでなく顧客満足度も○%に上がりました

 

こんな感じです

数字を使う

 

さらに話を具体的にするために、

  • 規模感
  • 件数
  • 割合
  • 期間
  • 順位

 

の数字をわかる範囲で書きましょう

数字で示せる事がない場合は、エピソードを充実させるようにします

無理やり数字を入れて書くと逆に「成績を残していないな」と思われかねませんので注意してください

自分を過小評価しない

女性に多いのですが、自分がやってきた事に対して

「こんな事ぐらいしかしてませんでした」

と過小評価してしまうのはとてももったいないです

 

自分の強みがわからない、という人は

  • 同僚や上司、顧客から褒められた事を思い出す
  • 自分が仕事をする上で大事にしている事、こだわりを書く

 

というのも1つの方法です

 

そういえば上司から

「○○さんに仕事を頼めばミスがないなあ」と言ってくれてたっけ。

「○○さんは綿密に計画を立てる事が上手だね」と褒められた!

など自分では当たり前で強みではないと思っていた事でも

周りからすると当たり前ではない事があります

 

その部分を強調して書いてみてください

仕事を棚卸しするときの自分への質問

他にも思い出す時に使える自分への質問をいくつかあげてみます

・あなたの仕事ならではの知識は?

・仕事での成果や業績はどうだったか?

・上司や同僚から何か褒められたことは?

・あなたの仕事に対するこだわりは何?

・どんなことが課題だった?また課題に対してどんな行動をとった?

・仕事でどんな時に充実していると感じた?

 

どのスキルを使っていたか当てはめよう

スキルの種類

書き終わったら、それがどのスキルに当てはめる事ができるのかを考えていきます。

 

先ほど例にあげた自己PRの例でいうと

 

新規のお客様にまた再来店いただけるように

施術中の会話からその方に合わせた肌の改善策と知識をお伝えした上で、

次の予約を提案したところ、再来店率が○%上がっただけでなく顧客満足度も○%に上がりました

これは【傾聴力】【受容力】【確動力】のスキルを使っていると言えます

 

スキルには

  • テクニカルスキル
  • ポータブルスキル

この2種類があります

テクニカルスキルは、例えば

エンジニアの経験5年とか

家具販売だったので家具についての知識とか

その仕事で身につけた専門的な知識や資格のことを言います

 

それに対して、ポータブルスキルは「持ち運び可能」という意味で

どの職種でも活かすことができるスキルのことです

ポータブルスキルの種類

ポータブルスキルは大きく分けて<ヒューマンスキル><セルフコントロールスキル><タスクマネジメントスキル>の3つあります

<ヒューマンスキル>

  • 主張力……自分の意見を主張する力
  • 傾聴力……人の話を聞き潜在的なニーズを汲み取る力
  • 否定力……人の意見に対して否定できる力
  • 受容力……違う価値観、意見を受け入れる力
  • 説得力……人を論理的に説得させられる力
  • 支援力……人をサポートする力
  • 統率力……人を1つにまとめる力
  • 協調力……違う人とも助け合える力

<セルフコントロールスキル>

  • 慎重力……軽々しく行動せず注意深く行動する力
  • 冒険力……リスクをとっても行動できる力
  • 自制力……自分の要求を抑える事ができる力
  • 高揚力……ポジティブに考えられる力
  • 忍耐力……辛い事があっても乗り切れる力
  • 柔軟力……様々な状況に対応できる力
  • 規律力……決められた事をきちんと守れる力
  • 曖昧力……はっきりと決まっていない事でも受け入れられる力

<タスクマネジメントスキル>

  • 持続力……継続する事ができる力
  • 瞬発力……即座に集中して物事に取り組める力
  • 推進力……物事を捗るようにする力
  • 変革力……新しく変わろうと行動する力
  • 機動力……戦略的に素早く動ける力
  • 確動力……間違いなく確実に実行できる力
  • 創造力……新しいものをつくりあげる力
  • 分析力……なぜそうなったかを解明する力

 

この中のどのスキルを自分はよく使っていたのか

書き出した項目を当てはめてみてください

 

わたしってお客様の要望をよく聞いていたから「傾聴力」をよく使っていたのだなとか

自分の強みがわかってきます

 

ここまでの一連の作業を行うと、今手元には

自分の強みとそれに沿ったエピソードがあるので

それが自己PRとなるわけです

 

未経験の仕事に転職したい時の自己PRは

28歳から未経験の仕事に就けるのか?

その答えは、28歳で未経験の仕事に挑戦するのは最後のタイミングといえる年齢ですので

 

事務未経験で事務の正社員への転職はライバルが多く難しいですが、

他の職種へのキャリアチェンジなら30歳になる前にチャレンジしておきたいところですね

 

未経験で転職する時に面接菅に伝えるべきポイントは

先ほどお伝えしたスキルの中でも特にどの職種にも通用するポータブルスキルです

 

対人スキルや、仕事の進め方で工夫したところを中心に伝えて

次の職場でも活かせることをアピールしましょう

 

たまに応募前に、「この企業に受かるかな、どうかな」と迷ってしまう人がいるのですが

その時点で迷う必要はありません

 

転職サイトに登録すると、

履歴書、職務経歴書がアップロードできるので書類を作成し

行きたい企業はまずは応募してみましょう

 

書類選考結果が遅い企業で2週間ほどかかる場合もあるので

悩むのは書類選考通過後で大丈夫です

 

28歳女性の転職を成功させるために転職エージェントを利用しよう

自分でうまく職務経歴書が書けているかわからない

自己PRこれでいいのかな、、

 

そう不安に思ったら、転職エージェントを利用してみてください。

書類添削をから求人検索まで一緒にしてくれるので

不安が払拭できて心強いですよ

 

オススメの転職エージェントはdodaです

なぜならわたしが28歳の時に何社かエージェントに相談に行って

1番良いエージェントさんに当たったからです

dodaエージェントでは

書類添削はもちろんですが

他社エージェントに比べ、「細かなサポート」「求人紹介量が多い」対応で

機械的ではなく親密に支援していただきました

 

エージェント登録すると、dodaの専門スタッフから

非公開求人を含めて10万件以上ある求人から希望に合わせてお仕事を紹介してもらえます。

サポート内容としては

・企業へのエントリー

・選考結果のお知らせ

・面接日程の調整

を中心に、

希望する仕事に就けるまで真剣に相談にのってもらえます。

また、気になる休日日数や、制度など、

企業担当の営業マンと連携をとって情報収集してくれるのでとても頼りになります。

一度カウンセリングに行って転職エージェントを利用してみてください

>>>優良企業への転職情報ならdoda  <<< 

まとめ

自分の事となるとなかなかいい自己PRが浮かびにくいかもしれないですが、

一度見つけた自分の強みは転職後も活かしていけるスキルなので

この機会にしっかり時間をとって

仕事の棚卸しをやってみてください

 

転職のことを書いていますがも私も28歳の時にちょうど転職をして

自己PRに悩んでいたので

過去の自分へのアドバイスと思って書きました

皆さんも後悔がなく30代を迎えられるよう、いい転職ができることを願っています

スポンサードリンク